育毛剤を塗布した後は乾かすのが正解?

育毛剤を付けたらすぐ乾かす

育毛剤を塗布した後は髪を乾かしましょう。理由は2つあります。

 

1つめは頭皮環境を悪化させるからです。
水分が残っていると、水が蒸発すると同時に熱が奪われ血行が悪くなったり、細菌が繁殖したりといったことが起こります。
すると、髪の毛に十分な栄養が行き届かなくなり、せっかく塗布した育毛剤の効果が薄れてしまいます。

 

2つ目は、髪がダメージを受けやすくなるからです。
髪が濡れると、髪の表面にあるキューティクルが開いてしまいます。
キューティクルが開くとどうなるかというと、水分や栄養が逃げてしまうのでます。
栄養を取り入れてもすぐに逃げてしまい、吸収できる量が少なくなるということです。
髪が伸びにくくなるだけではなく、パサパサになり、質までもが落ちてしまいます。

 

また、キューティクルが開いていると、髪が擦れた時などのダメージが、すごく大きくなってしまいます。
なので、育毛剤を塗布した後はできるだけ早く、ドライヤーなどで乾かすことを心掛けましょう。

 

 

髪に優しいドライヤーの仕方

育毛剤を使っている人も使っていない人も髪の質を保つためには、ドライヤーが必須です。
しかし、やり方を間違えると、逆に髪が傷んでしまうこともあるので、正しいやり方を覚えて、質の高い髪を手に入れましょう。

 

まず、ドライヤーを当てる前に頭皮のマッサージをしておきましょう。頭皮を中心に3〜4分ほどやればOKです。マッサージが終われば次はドライヤーです。
ドライヤーを当てる時は、髪から15センチ〜20センチほど離しましょう。
髪は熱に弱いので近づけすぎると髪に余計なダメージを与えてしまいます。
特に育毛剤は蒸発してしまうことがあるので適度な間隔をあけることを心掛けましょう。

 

心配な方は冷風を使うのもいいでしょう。
また、同じ場所に当て続けるのではなく、均等に半乾きの内容に乾かしましょう。
ドライヤーを軽く振りながらやるといいでしょう。
ドライヤーは、頭皮に向かって当てるのではなく、髪の毛を中心的に当てましょう。

 

特に先端はしっかり乾かしましょう、栄養は先端から逃げるので、まずはそこからです。
ドライヤーはこれで終わりです。
数週間もすれば効果が実感できるでしょう。