薄毛の原因の種類に迫る!

薄毛は男性、女性問わず悩みの種と言えます。

 

原因となる種類は意外に多いので心当たりがある場合には改善する必要があります。

 

肉類やファーストフード、スーパーやコンビニなどの弁当や総菜を好んで食べていると、どうしても脂肪分を多く摂取してしまうため頭皮に皮脂が溜まりやすくなるので注意が必要です。

 

髪の健康を保つためには、良質のたんぱく質や、ビタミン、ミネラルが必要不可欠です。野菜などを中心とした食事を心掛けることが大事となります。

 

髪や頭皮を洗わず不潔にしているフケや汚れが毛穴を塞いでしまいます。更にと朝晩のシャンプーなど過度の洗髪も頭皮を傷めることに繋がるので注意が必要となります。

 

髪を洗うのは1日1回で十分です。シャンプーが頭皮に残らないようにすすぎ過ぎるくらい洗い流しましょう。

 

紫外線を長時間紫外線を浴び続けると髪の毛のキューティクルを痛め抜け毛の原因となります。帽子や日傘などを利用して髪や頭皮を紫外線から守るようにしましょう。

 

喫煙や過度の飲酒は血行を悪くしてしまいます。極力控えるようにしましょう。

 

 

薄毛の原因その2、遺伝や精神的要因

 

薄毛の原因で多いとされるのが遺伝、精神的要因です。

 

遺伝の影響により男性ホルモンの分泌量が多いほど髪は抜けやすくなります。

 

家系に薄毛の人がいれば将来的に自分自身も薄毛になる可能性があると考えられますので、薄毛の兆候が出ていなくても食事や生活スタイルシャンプーなどで予防を心がけていることが大切です。

 

ストレスなど精神的要因により、筋肉が収縮して血管が細くなることで血行不良を起こしてしまい、毛根までに栄養分を十分運ぶことが出来なくなり、髪が育たない、抜け毛が増えてしまうなどの症状が現れてしまいます。

 

抜け落ちる髪を見たり、周囲の人の視線が髪や頭皮を見ているように見えるなど悩んでしまう人も少なくはありませんが、悩めば悩むほどに症状が悪化してしまう恐れがあるので、悩まないようにしましょう。

 

髪は23時から2時までのゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に髪の修復や成長を促します。

 

23時から2時までの間に十分な睡眠をとることで髪や頭皮の改善に繋がります。

 

十分な睡眠をとることが出来ればストレス発散や疲労など精神的要因も取り除くことが出来ます。

 

薄毛対策には体、精神ともに健康であることが大切です。

 

 

関連ページ

頭全体が薄毛になった時にするべきこと
頭が全体的に薄毛になったらまずこれをやってみましょう!
薄毛・ハゲだとモテないって本当?
薄毛やハゲな人はすでにハンデを持っているので、モテないのは仕方がないかもしれません。
薄毛には遺伝が関係あるの?
薄毛には遺伝が関係しているのでしょうか?遺伝の薄毛は防ぐことができないのか?
薄毛に良いと言われるサプリにはどんな成分が入っている?
薄毛に良いと言われているサプリメントにはどんな成分が入っているのか気になりますよね?実際にどんな成分が入っているのかを調べてみました!
薄毛のタイプにはどんなタイプがあるの?
薄毛のタイプを知ってきましょう。自分がどの薄毛のタイプか知ることによって、対処方法が違ってきたりします。
薄毛の進行を止める方法とは?
薄毛の進行を止める方法なんてあるのでしょうか?そんな方法があるのなら知りたいものです。
薄毛は本当に治すことができるのか?
薄毛は本当に治すことができるのでしょうか?薄毛で悩んでいる人はぜひ見てください。