薄毛と遺伝にってどんな関係があるの?

薄毛となる遺伝子はあります

薄毛と遺伝の関係は本当にあるのか年々不安に思う人はいるでしょう。

 

薄毛となるにはそれだけが原因ではありません、いろいろな要素があり、遺伝によるものはおよそ25%程度だと言われています。

 

それが母親のものに対して影響が大きくでてくるのです。

 

薄くなってくる人の染色体、それもX染色体にあるとのことなのです。

 

それは、男性は父親からではなく、X染色体を受け取ることができる母親からの遺伝となるのです。

 

女性には女性ホルモンがあるために受けつがれたものを持っていても症状としてあらわれないことも多いです。

 

自分にそのDNAが受けつがれているのかを見るときには母の父、つまり祖父を見ると分かるとも言われています。

 

母方の祖父が若い頃から薄毛だった場合には可能性もあります。

 

その反対に母方の祖父の頭髪が十分だった場合には、それを自分が持っていないということです。

 

頭皮の男性ホルモンの受容体の感度は母親からの引き継ぐDNAにより確かに決まってきます。

 

 

多くの薄毛はいろいろな原因が

 

遺伝以外にある薄毛の原因には多くのものがあります。

 

薄毛との関係で最も大きなものには生活習慣が理由となる場合が多いです。

 

喫煙をしている人は血液の循環が悪くします、それにより発毛や育毛がスムーズに行えなくなってしまいます。

 

また、適量のお酒は血流を良くして頭皮に良いとのこともありますが、それが過ぎるとお酒のアルデヒドが脱毛をさせる働きがあるからです。

 

生活習慣の中でも食生活の乱れは頭皮によくない影響を与えます。

 

脂っこい食事なども頭皮環境によくないのです。

 

また、運動不足や、現代社会に多いストレスなども抜け毛の原因となります。

 

髪の毛が薄くなってきたと感じるようになった時には生活習慣の見直しが大切です。

 

規則正しい生活時間、バランスのとれた食事、適度な運動や、十分な睡眠や休息が必要となります。

 

また、女性では年齢を重ねることで女性ホルモンが低下してくるので、予防をすることで薄毛を回避できることでしょう。

関連ページ

頭全体が薄毛になった時にするべきこと
頭が全体的に薄毛になったらまずこれをやってみましょう!
薄毛・ハゲだとモテないって本当?
薄毛やハゲな人はすでにハンデを持っているので、モテないのは仕方がないかもしれません。
薄毛に良いと言われるサプリにはどんな成分が入っている?
薄毛に良いと言われているサプリメントにはどんな成分が入っているのか気になりますよね?実際にどんな成分が入っているのかを調べてみました!
薄毛のタイプにはどんなタイプがあるの?
薄毛のタイプを知ってきましょう。自分がどの薄毛のタイプか知ることによって、対処方法が違ってきたりします。
薄毛の原因にはどんな種類があるの?
薄毛の原因ってどんな種類があるのか気になりますよね!その原因に対しての対策も変わってきます。
薄毛の進行を止める方法とは?
薄毛の進行を止める方法なんてあるのでしょうか?そんな方法があるのなら知りたいものです。
薄毛は本当に治すことができるのか?
薄毛は本当に治すことができるのでしょうか?薄毛で悩んでいる人はぜひ見てください。